普段お酒を飲まない方でも、定期の健康診断時に肝臓数値が悪い方も結構います。また、特別太っていない方であっても、肝臓数値が高いこともあるので血液検査で数値化された肝臓の状態を把握し、適切な原因分析をすることが大切です。

それをもって、日々の生活習慣を見直して、効果的な肝臓数値を下げる方法を取り入れることができるようになります。

肝臓数値の種類と意味を理解していることが前提なので、ここでは種類別に数値を整理して、それぞれの肝臓数値ごとの原因を見ていきます。

肝臓数値の種類と高い数値の意味を把握してみる

肝臓数値をまとめると以下になります。

  • GOT(AST)、
  • GPT(ALT)、
  • γGTP、
  • アルカリフォスファターゼ(ALP)、
  • 血清ビリルビン(T-Bil)、
  • 乳酸脱水素酵素(LDH)

一見なんのこっちゃわからないですよね。恥ずかしながら、私も最初はこの数値が高いからどうなるのか見当もつかなかったです。しかし、これらの数値の意味を理解していないと、日ごろの生活習慣のどこに問題があったのか見当もつきません。なので、ここでは各肝臓数値ごとに意味をまとめてみます。

GOT(AST)とGPT(ALT)が高くなると?

GOT(AST)とGPT(ALT)の二つは肝臓数値の中でも基本的な数値になります。そもそも、肝臓数値が高いとは『基準値』に対してどれだけ高いのかを見ているので、GOT(AST)とGPT(ALT)の基準値を見てみましょう。

  • GOT(AST)10-40 (IU/l)
  • GPT(ALT)5-45(IU/l)
 GOTとGPTとは、肝臓に存在する酵素のことを示しており、アミノ酸代謝の際に使われます。肝臓が悪くなると、GOTとGPTが基準値以上検出されるため肝臓に異常があるとわかるのです。
ここでポイントなのが、GOTとGPTともに基準値よりも高いと以下の問題が肝臓にある可能性があります。
  • 急性肝硬変
  • 脂肪肝の疑い
  • アルコール性脂肪肝の疑い
  • 肥満による脂肪肝※GOTとGPTともに基準値以上で、GOTがGPT以上
  • 慢性肝炎※GOTが基準値以上でGPTがGOT以上

γGTPとGOT(AST)とGPT(ALT)の関連性とは?

γGTP(ガンマ、ジーティーピー):男性は80(IU/l)以下、女性は30(IU/l)以下

そもそも、γGTP(ガンマ、ジーティーピー)は肝臓の解毒時によく出る酵素です。これから、γGTPが基準によりも高いときは、肝臓の解毒作用がうまく機能していない恐れがあります。

ここでポイントなのが、普段お酒をあまり飲まないのに、どうやら肝臓数値が高い人はこのγGTPが高いことが多い点です。

これは、非アルコール脂肪肝の疑いがあり、糖質の取りすぎによるものと考えられます。若いのに、肝臓数値が高い場合もこれに該当することが多く糖質の取りすぎが肝臓の解毒作用に悪影響を及ぼすのです。

加えて、慢性的にストレスに悩んでいる方もこのγGTPが高い傾向にあります。

ここの点は非常に重要で、肝臓が健康であればストレスをうまく解消できているともとれるので油断せず日々の生活を見直すことをおすすめします。

ALP(アルカリフォスファターゼ)とは?

ALP(アルカリフォスファターゼ)とは、肝臓、腎臓、骨で作られる酵素のことです。

ALP(アルカリフォスファターゼ):80-300(IU/l)

  • ALPのみが高い→肝臓のみならず他の臓器の検査をする必要があります。
  • ALPとγGTPの両方が基準値よりも高い→アルコール性の肝障害の疑いがあります。

肝臓から鍛造に流れている胆管が詰まることで、逆流を起こして血中のALP濃度が高くなるというものです。

なので、ALPが高いとなると、胆管や胆管周辺に問題がある恐れがあります。

肝臓のみならず他の部分で問題が起きていることも考慮することが大切です。

血清ビリルビンが高くなるとどうなる?

ビリルビンとは寿命を迎えた赤血球が分解されるときに、肝臓→胆臓→小腸に胆汁となって流れる物質です。

肝機能障害があると、高くなりやすい数値です。よく疲れているとと茶色い尿が出るという方は、肝臓が悪いためビリルビンが体内に多くなっている可能性があります。

血清ビリルビン(T-Bil)の基準値は0.2-1.0(mg/dl)

この数値を超えてくると、肝炎や胆管結石の疑いがあります。この場合、肝臓だけでなく胆管も精密検査をした方がいいでしょう。

乳酸脱水素酵素(LDH)とは?

乳酸脱水素酵素とは、糖質を作り出す酵素のことです。

  • LDH(乳酸脱水素酵素):120-200(IU/l)
LDHが基準値から超え800(IU/l)→肝疾患、腎疾患の疑い
LDHが800~1500(IU/l)→ウイルス性急性肝炎、血液疾患など疑いがあります。
LDHが1500(IU/l)以上→血液疾患の疑い

LDHが高いのも、肝臓機能に問題があると考えられます。LDHが高いと急性肝炎、肝臓がん、心筋梗塞など重大な健康問題にかかわる疾患の疑いが考えられます。肝臓数値を下げる前に精密検査をすることから始めてみてください。

アルコールを飲んでいないのに肝臓数値が高くなるのはなぜ?

肝臓はアルコール分解する時以外に、大きな負担がかかることがあります。特に、脂っこい食事、肉食中心の食事、スナック菓子やスイーツなどを日常的に食べる方は肝臓に大きな負担をかけていることに注意です。

食生活があれてくると、脂肪肝のリスクが高まります。脂肪肝とは肝臓に30%近くの脂肪がついている状態で、脂肪肝になると上で紹介した肝臓数値が高くなる傾向があります。

なので、普段お酒を飲んでいないのに、肝臓数値が高い、悪いのは食生活が不規則で肝臓に悪いものになっていると考えていいでしょう。

お酒を毎日飲んでいるわけでないのに、γGTP(ガンマ、ジーティーピー)が高いのは明らかに食生活が不規則な証拠です。また、便秘などが併発してくると腸内でアンモニアなどの有害物質が発生し、さらなる肝臓への負担が大きくなります。

つまり、肝臓数値を下げる効果的な方法とは

  • 肝臓に優しい食生活で便秘解消することになります。